無職でも利用できるキャッシングはあるのか

キャッシングを利用する際は、まずは申込条件に合っているかをよく確認しておきましょう。多くの場合は満20歳以上の方で、安定した収入のある方が条件となっています。融資を受けられる条件としては返済能力があることですので、まったく収入がない方の場合はやはり審査は厳しくなる傾向にあります。消費者金融のキャッシングの場合は総量規制がありますので、年収の3分の1までの借り入れとなります。さらに審査では在籍確認が行われることが一般的ですので、職場に電話をかけ、その人が本当にその職場に在籍しているかが確認されます。そして、仕事を持たない方の場合はこの在籍確認をとることはできません。それゆえにまったく無収入の無職の人がキャッシングを利用するのはかなり難しいと言えます。正社員の方でなくてもアルバイトやパートで収入があれば利用することができますので、まずはそうした仕事を探してみるのも良いでしょう。中には審査なしであったり、かなり甘い審査を行う業者もあるようですが、こうした業者は正規の金融業者ではなく、いわゆるヤミ金融であることが多くなっていますので、近づかないようにしましょう。そして専業主婦の方で無職という場合は、銀行のキャッシングなどでは、配偶者に安定した収入がある場合は利用できることが多くなっていますので、条件を確認してみましょう。融資限度額はあまり大きくはありませんが、仕事を持たない専業主婦の方もこうした形なら本人名義で融資が可能となります。こちら(⇒クレジットカード カードローン 違い)のサイトでさらに詳しく書かれています。